2019-12-06

FlaskとVue.js(Vue CLI)の連携

バックエンドにFlask、フロントエンドにVue.jsを使ったWebアプリを開発する際の備忘録。
PythonやVue.js(Vue CLI)の導入については省略します。vueに関しては全くの初心者なので、vue CLIでプロジェクト作成時にRouterだけ追加しました。

ディレクトリ

ディレクトリ構成はappディレクトリ内をフロントエンドとバックエンドに分けてアプリを作成していきます。

app
 |--frontend(vue)
 |--backend(flask)

Flaskのセッティング

#run.py

from flask import Flask, render_template

app = Flask(__name__,
                static_folder="../frontend/dist/static",
                template_folder="../frontend/dist")

@app.route('/', defaults={'path': ''})
@app.route('/<path:path>')
def index(path):
    return render_template('index.html')

if __name__ == "__main__":
    app.run()

flask単体でアプリを開発するときはflaskのstatic、templatesディレクトリを使用するのがデフォルト設定ですが、 今回はフロントエンドにvueを使用するので、vueでbuildしたあとに作成されるdistディレクトリを指定します。
ルートも上のように書くとdist内のindex.htmlを参照するようになります。

Vueのセッティング

vue.config.jsをfrontendディレクトリに作成して以下を記入。

module.exports = {
  assetsDir: 'static',
};

とりあえず今はvueのデフォルトのページが表示されればいいので、frontendディレクトリから

npm run build

でビルドします。ビルドが終わるとdistディレクトリが作成されます。

Flaskでサーバーを起動

backendディレクトリに移動してrun.pyでサーバーを起動。
ブラウザでlocalhost:5000にアクセス。

flaskvue

問題なく表示されました。

次回はsqliteを使用してRest APIを作成したいと思います。

© ravness.com 2020

Powered by Hugo & Kiss.

Privacy Policy