2020-05-06

Next.jsを色々なサービスにデプロイするときの設定メモ

Next.jsをNetlify、Firebase Hosting、Google App Engineにデプロイするときの設定などのメモ。
今後他のサービスにデプロイした場合は追記するかも。
Vercel(旧 Zeit Now)は前回紹介したので省略。

Netlify

package.jsonのscriptsをこのようにする。

"scripts": {
    "dev": "next",
    "build": "next build",
    "start": "next start",
    "export": "next export",
    "deploy": "npm run build && npm run export"
  }

Netlifyのbuild settingを
Build command: npm run deploy
Publish directory: out/
にする。

netlifynext

リロードしたときの404対策が必要な場合はpackage.jsonと同じ場所にnetlify.tomlを作って
下記を記述。

[[redirects]]
  from = "/*"
  to = "/index.html"
  status = 200

Firebase Hosting

Firebaseはローカルでnpm run exportしたあとのoutディレクトリをデプロイするだけなので、
firebase.jsonの設定だけです。

"hosting": {
    "public": "out",
    "ignore": [
      "firebase.json",
      "**/.*",
      "**/node_modules/**"
    ],
    "rewrites": [
      {
        "source": "**",
        "destination": "/index.html"
      }
    ]
}

あとはfirebase deployでデプロイするだけ

Google App Engine

まずはpackage.jsonのscriptsをこのようにします

"scripts": {
    "gcp-build": "next build",
    "start": "next start -p $PORT"
  }

GAEはapp.yaml

runtime: nodejs10

最低限これだけ書けばOKです。
その他の設定(staticファイルとか)は各自違うと思うので省略します。

あとは、.gcloudignoreにデプロイしないファイルの設定などを記述してデプロイ。

.gcloudignoreの例

.git
.gitignore

node_modules/
.next/
out/

© ravness.com 2020

Powered by Hugo & Kiss.

Privacy Policy